健診・予防接種

tel_sp.png

吹田市各種健診および特定健診(大阪府医師会契約)、定期予防接種を随時受け付けております。
どうぞご利用下さい。

インフルエンザ予防接種のお知らせ

接種期間

10月2日〜12月28日

対象者
  • 6ヶ月以上〜13歳未満の方:2回接種
  • 13歳以上の方:1回接種
接種回数および費用
  • 13歳以上の方 1回接種(3,800円)
  • 6ヶ月以上〜13歳未満の方 2回接種(2,900×2回)

吹田市および近隣市町在住の65歳以上の方は自己負担1,500円です(今年から変更されています)。一部負担金免除申請書をご希望の方は受付までお申しつけください。

今年のインフルエンザワクチンはここが違う!

今年度より、4価のインフルエンザHAワクチンが導入されることになり、製造株が3価から4価に変更され、A・B株ともに2種類になります。
 ここ数シーズン、B型インフルエンザでは山形系統とビクトリア系統の2系統のウイルスが混合流行していますが、いずれの系統が次シーズンの流行の主流をなすか事前に予測することは極めて困難なため4価ワクチンが導入されることになりました。なお、すでにアメリカでは4価ワクチン導入が開始されています。
 つまり、今年のインフルエンザワクチンは従来より広範な流行に対して予防効果が期待できます。

************************************************************
ワクチン一口メモ 製造株は誰が決める?
 世界的にはWHOの専門家会議で、次シーズンに向けた推奨株が毎年2回(北半球用と南半球用)選定されます。
 我が国では国立感染症研究所で外部有識者を含めた検討会議を開催し、WHO推奨株、我が国の流行状況や国民の抗体保有状況などを参考に予測を行います。そして、ワクチンの製造に適した株(卵での増殖がよいことや、継代による抗原性の変化がないことなどの検討)を選択し厚生労働省へ報告されます。これを受けて毎年5〜6月頃に次シーズンのワクチン製造株が厚生労働省により最終決定され公表されています。
************************************************************

今シーズンは急遽、推奨株が変更されたために、ワクチン製造が需要に追いつかないと懸念されています。基礎疾患をお持ちの方は早い目に確実に接種されるほうがいいでしょう。

インフルエンザ予防接種について

インフルエンザの予防接種を実施するに当たって、受けられる方の健康状態をよく把握する必要があります。そのため、表面の予診票に出来るだけ詳しくご記入ください。
お子さんの場合には、健康状態をよく把握している保護者がご記入下さい。

今年度より、4価のインフルエンザHAワクチンが導入されることになり、製造株が3価から4価に変更され、A・B株ともに2種類になります。
 ここ数シーズン、B型インフルエンザでは山形系統とビクトリア系統の2系統のウイルスが混合流行していますが、いずれの系統が次シーズンの流行の主流をなすか事前に予測することは極めて困難なため4価ワクチンが導入されることになりました。なお、すでにアメリカでは4価ワクチン導入が開始されています。
 つまり、今年のインフルエンザワクチンは従来より広範な流行に対して予防効果が期待できます。

平成27年度インフルエンザHAワクチン製造株
(平成27年5月8日 厚生労働省通知)

A型株:A/カリフォルニア/7/2009(X-179A)(H1N1)pdm09
     A/スイス/9715293/2013(NIB-88)(H3N2)
B型株:B/プーケット/3073/2013(山形系統)
     B/テキサス/2/2013(ビクトリア系統)

Medi News No.005 2015.7.9より改変

4価ワクチンの導入によりワクチン薬価が大幅に引き上げられました。これにともない当院でも、長年据え置いてきた接種費用を今年度から値上げに踏み切らざるを得なくなりました。どうぞご了承ください。

*************************************
ワクチン一口メモ 製造株は誰が決める?
 世界的にはWHOの専門家会議で、次シーズンに向けた推奨株が毎年2回(北半球用と南半球用)選定されます。
 我が国では国立感染症研究所で外部有識者を含めた検討会議を開催し、WHO推奨株、我が国の流行状況や国民の抗体保有状況などを参考に予測を行います。そして、ワクチンの製造に適した株(卵での増殖がよいことや、継代による抗原性の変化がないことなどの検討)を選択し厚生労働省へ報告されます。これを受けて毎年5〜6月頃に次シーズンのワクチン製造株が厚生労働省により最終決定され公表されています。
*************************************
Medi News No.005 2015.7.9より

TEL:06-6831-3916